vs.初代ポルテ 4

ブレーキのせいで、スピードが落ち切らない状態で交差点に入る時は、もちろんアンダーです。
想定よりちょっと外側を回っていきます。
これが、スピードが落ちていない分を頭の中で差し引いてもなお、やや外側を回る印象ですから、そもそもアンダー気味のクルマなんですね。

 

もちろん、この手のクルマですから、ハンドリングはそんなに気にしない人が多いと思いますが、それでも、こういうクルマこそ、イメージ通りの走りをしてくれないといけないと思います。
「これくらいでいいや」という、ちょっとトヨタの良くない合理性が表れている感じです。

 

なんだかんだ書きましたが、全長が4m弱、全幅が1.7m弱の枠の中で目一杯スペースを作ったのがポルテです。
もはやクルマというよりバスに近い。
こういうクルマがあってもいいんですが、こういうクルマばっかりじゃつまらないですね。
今の軽が、ちょっとこういうクルマばっかりになりかけていて、心配です。

 

ウチに帰って、ガレージに収めてみたら、床のスペースの食い方はエリーゼとほぼ同じなんですが、全高が高い(1,720mm)ので、メチャメチャ大きく見えます。
もう、圧迫感がスゴイ。
隣のメガエスより大きい顔をしています。

 

そんなポルテ、まあしばらく楽しんでみましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:37 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">