vs.4代目メガーヌGT 5

日本だと、かれこれ30年くらい前に、いわゆる「4WS」というのが流行りました。
元祖がどのクルマだったか忘れちゃいましたが、印象としては3代目のプレリュードのCMで、後輪がウニウニ動く様子は、ちょっと衝撃的でした。
確か、すごく凝ったシステムをマツダとホンダが競っていて、後輪も一番よく切れたんですが、GT−RのスーパーHICASあたりが一番バランスが取れていたという記憶があります。
当時は、バカバカ試乗していたワケではありませんので、評論家の評価しかわかりませんが。
一大ブームになった後、違和感があるとか、システムにコストがかかる割にタイヤの性能の進化で、なくてもチャラくらいの感じになって、ひっそりと消えていきました。

 

ルノーの「4コントロール」がいったいどれほどのシステムなのかよくわかりません。
これが無かったらコストがどれほど下がったかもよくわかりません。
が、昨日書いた、ワタシ程度だと思いのままのハンドリングが、四輪操舵の恩恵なのか、もともと優れた性能だったのかもよくわかりませんが、少なくとも、「違和感なく思いのまま」という点では、いい働きをしているんでしょう。

 

流行りのアクティブセーフティーも、「ぶつからない」、「はみ出さない」システムがちゃんと付いています。

 

そんなわけで、新しいメガーヌGT、超面白かったです。
そのメガーヌ、GTラインが263万、GTが334万、ワゴンが354万です。
「GT」は「超」面白かった分、それなりのお値段ですが、GTラインはかなりお安いですね。
ウチでは、まだ3代目がバリバリですが、ワゴンにGTラインが出たら、ちょっと心が揺れるかも。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:02 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">