クルマの代替え

5月には、メガエスが4年の点検でした。
特に異常はなく、無事に点検が終了しました。
先日のブログの中で、昔はクルマの代替えのスパンが短かった、というようなコトを書きました。
特に、徳大寺師の「間違いだらけ〜」では、頻繁に「4年で買い替え」という文言が出てきたので、何となく4年で買い替えるのが普通、みたいな刷り込みがあったんですが(バブル当時)、実際はどのくらいで買い替えるのが普通なんでしょうか?

 

調べてみました。
「消費動向調査」によると、92年の調査では6年弱。
これが、18年だと9年弱と、3年も伸びています。
これはやはり、クルマの耐久性が上がったというのもあるでしょうし、不景気というのもあるでしょう。
92年と言ったら、ちょうどバブルが弾けた頃とは言え、まだまだ名残があった時代ですよね。
それが、3年も伸びてると言うのは、ちょっと驚きです。
最近のモデルチェンジイヤーで言えば、2サイクルくらいでしょうか。

 

「自工会」では、別の切り口からの統計がありました。
17年は、新車が8年、中古車が6.8年で代替えです。
一口に「中古車」と言っても、何年目の中古車かというのはいろいろでしょうが、それにしても、92年の新車より長い。

 

ウチでは、エリーゼが14年目、メガエスがこれで5年目です。
平均で9.5年!
どちらもまだ代替えの予定はないので、もうしばらくこのラインナップにお付き合いください。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 5:10 PM  Comments (0)