vs.カローラスポーツ 3

さて、運転席に移ります。
グレードにもよるんでしょうが、基本、黒ベースの要所要所に赤いステッチが入っていて、昔ながらのスポーティーカーのイメージを作ってます。
ワタシは好きなんですが、最近の人は「昭和っぽい」と捉えないかしら。

 

走り始めると、ほとんどターボを感じさせないスムースさで、1.2Lとは思えない加速感です。
たった116馬力とは思えません。
もっとも、最近のダウンサイジングターボはみんなこんな感じではありますが。
横に乗ったセールス氏も、「個人的には、加速感はハイブリッドより上だと思います」ってさ。
タイムを計ったら、モーターのトルクのハイブリッドには敵いっこありませんが、加速「感」はまた別です。

 

ただ、試乗コースが街中の四角いだけのコースだったので、エンジンもほとんど回せませんでしたし、ハンドリングも全然試せません。
街中でもわかるのは、乗り心地の良さくらい。
これは、柔らかいけど芯はしっかりしてる、というアルデンテで、トヨタも、給食のソフト麺じゃなくなりました。
本気で購入を考えるなら、わがまま言って、20分くらい余分に試乗させてもらえれば、岡崎ならちょっとしたワインディングがすぐありますが。

 

トランスミッションはCVTですが、シフトレバーとパドルで「+」「−」が操作できます。
マニュアルモードはなんと10段階刻みだそうですが、そんなにあっても使い切れないと思うんだけどな。
(昔、ミラージュに「スーパーシフト」という副変速機が付いてて、4速×2=8速なんてシロモノがありましたが、6速分くらいしか使ってませんでした。)
しかも、メーターパネルにゴチャゴチャと細かい情報が多過ぎて、今何速に入ってるんだか、最初は分かりませんでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:20 PM  Comments (0)