ガレージの窓 2

ホームセンターで買ったベニヤが、ちょうどいいサイズがなくて、2枚で塞いでいたんですが、毎度2枚扱うのも面倒なので、つなげちゃいました。

 

 

久々登場の巨大ホチキス(ミニタッカ)です。
ホントのホチキスみたいに、裏に突き出して折れ曲がるワケではないので、どの程度の強度で連結されたかわかりませんが、多少面倒くささが解消しました。

 

窓は、元通りになりました。

 

 

内側から見ても、明るくなりました。

 

 

ガレージネタはもう少し続きます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 9:27 PM  Comments (0)

ガレージの窓 1

前にお話ししたことがあると思いますが、ウチのガレージは、南側にガレージドア(シャッター)があり、東側と北側に小さな窓があります。
東側の窓は、例年台風が近づくとベニヤで塞いで、台風が行っちゃうとまた外す、という、少々面倒くさい台風対策をしています。

 

でも、この9月以降は、立て続けに台風が来て、外すタイミングをずらしていたのと、塞いだ当初、朝出勤する時に直射日光が入ってなくて、ちょっと涼しいなんて思ったのもあって、ズルズルと付けっぱなしにしてました。

 

 

おかげで、暑い時季の朝は涼しかったんですが、涼しくなってからはその有り難みより、ガレージ全体が暗いのが苦になりはじめました。

 

 

もう今年の台風も終わったでしょうから、ここらで外すことにしましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 8:28 PM  Comments (0)

いこすくん 3

さて、相当スグレモノのいこすくんです。
これ、4,000円でも買う覚悟でしたが、1,200円ならコスパ超高いです。

 

ワタシは取説をよく読まなかったんですが、上部の炭を詰め込んだところにも丸めた新聞紙を1枚分入れておくとより効果的だったのでした。

 

そんなワケで、いこすくんの長所は、放っておいても必死で仰ぐより早く炭に着火できるところです。
ただ、難点は、いこすくんに詰め込める炭の量が、そう多いわけではないので、いこすくんで起こした炭火をBBQコンロに移すと、それだけでは我が家でBBQをやる時にはちょっと火が少ないんです。
そこで、炭をつぎ足してやらないといけないんですが、それも合わせて炭火が安定するのを待ってると、結局それなりに時間がかかるしウチワの登場も必要になってくるんです。
いっそもう一回いこすくんを発動させた方が効率がいいかも。

 

このあたりはこれから使っていくうちにいい方法を考えていく必要があります。

 

さて、この日はあくまでいこすくんの実験で炭火を起こしたのですが、せっかくですから、炭火の中にヨメさんがサツマイモをぶっ込んだりして遊んでいるうちに、そのまま外で食事になりました。
豚肉とピーマンとしめじくらいしか冷蔵庫になかったので、それを焼いて食べるのと、最後は、焼きおにぎりという、シンプルなメニューですが、「外補整」もかかって、美味しかったです。

 

寒くなるまでに、もう1〜2回いこすくんの出番があるかな?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:00 PM  Comments (0)

いこすくん 2

いよいよ点火します。
筒の下側には、空気取り込みの窓が開いていますからそこから「着火マン」を差し込んで点火します。

 

 

新聞紙ですから、当然のごとく、最初は勢いよく燃えます。
普通であれば、パアッと燃え上がってすぐに消えちゃいますが、けっこうな勢いで上側の炭の部分にも炎が上っていきます。

 

 

新聞紙が燃え尽きるまでの一瞬の間に、上部にある炭にちゃんと着火してます。
もちろん、まだ炭の一部に火がついただけですが、これにはさすがにちょっと驚きました。
その後10分くらいで、詰め込んである全ての炭に燃え移ります。
そのままもう10分くらい放置しておけば、もういい感じに安定してきます。
必死でウチワで仰いでいるより早い上に、何と言っても放っておけば勝手に着火できる点がありがたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:17 PM  Comments (0)

いこすくん 1

先日、炭の着火用に買った、煙突形の火起こし(チムニースターター)「いこすくん」の性能を試してみました。
毎度、BBQの時に何が大変って、片づけの次に大変なのが、火起こしです。
ここ数年は、けっこう性能のいい着火剤を見つけたので、多少楽になったんですが、それでも、火起こしの時は、確実に炭に着火させて安定させるまで40分くらいはウチワ片手につきっきりです。

 

チムニースターターの謳い文句は新聞紙2枚で着火とあり、放っておいてもちゃんと着火して安定するというコトですが、果たしてそううまくいくものでしょうか?

 

殊更BBQをやる予定もないんですが、実験で「いこすくん」を使ってみます。

 

まず、いこすくんの筒の中に炭を詰め込みます。

 

 

ごめんなさい、手ぶれしてます。

 

そして、新聞紙を半分で切り、丸めたものを2つ(つまり新聞紙1枚分)をいこすくんの筒の下側にセッティングします。

 

 

準備はここまでです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 10:39 PM  Comments (0)

小さくて見えなーい

ハリウッドスターのケン・ワタナベを使って、なんてしょうもないCMをしてるんだと反感すら覚えたハズキルーペですが、「小さ過ぎて読めなーい」という叫びは、個人的に流行語大賞候補です。

 

さて、ワタシも、数年前からめっきり小さいものが見えなくなってきました。
基本的にワタシは近視なので、眼鏡の時は外すと細かいものが見やすくなるんですが、普段コンタクトのワタシは、とうとう老眼鏡を使うようになりました。

 

ハズキルーペは菊川怜さんがお尻で踏んづけても壊れないくらい丈夫で、きっといいんでしょうが、高いので、100均の「老眼鏡」を使っています。

 

これが、けっこう役に立ちます。
何を隠そう、この前のカサ修理の時も、老眼鏡がなければ、作業そのものができませんでした。
まだ、クルマいじり関係では、そこまで細かい作業が入ってこないので使ったことはないですが、もはや日常生活では欠かせなくなってきました。

 

まあ、100均ですから、部屋ごとに置いておいても全然フトコロに響かないのがいいですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:25 PM  Comments (0)

カサの修理 4

本来、穴に棒が通っていたはずの部分が、穴が欠損したということは、芯棒は残っているワケです。
芯棒は、細いパイプ状の棒ですが、両端を叩いて縁を広げる方式で固定されています。
これを抜いてもう一度はめ込むのは難しそうなので、いっそニッパでカットして、両側から抜いちゃいます。

 

ウチにあった、超小さいボルトとナットのセットで代用します。

 

こうして、何とか修復できました。

 

 

ボルトとナットは、瞬着で固定しちゃいました。

 

 

こうして、折り畳み傘も、何とか修理が終わりました。

 

こういうことに慣れておくと、いつかクルマの修理とかで役に立つかなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:42 PM  Comments (0)

私をスキーに連れてって

カサの修理が佳境に入ったところですが、ちょっと一ネタぶち込みます。

 

昨日、BSフジで「私をスキーに連れてって」をやってました。
久々に観ましたが、いやあ、よかった。
要所要所は覚えてたんですが、細かいところは忘れてしまっていたので、結構新鮮に観られました。

 

何がよかったって、もう、バブルのにおいがプンプンしてて、ワタシの青春が甘酸っぱくよみがえってきます。
もう、31年も前の映画なんですね。
原田知世はかわいいし(今でもかわいいですが)、沖田浩之もいい役で出演してて、惜しい俳優を亡くしたものです。

 

冒頭のシーンのタイヤ交換の場面は、記憶にあったほどスムースではなかったですが(苦笑)、そんなシーンさえもオシャレに感じます。

 

主人公・・・は、知世ちゃんか。
三上博史が乗っていたクルマが、ターセルだかコルサだかわかりませんが、「リトラ」も、今にして思うと、なんかカッコいい。
当時は、ちょっとバカにしてたんですが、いかにもバブル期的な、カッコだけ的なクルマって、今の猫も杓子もミニバンな現代より、やっぱり豊かです。
てか、どっかのメーカーが、リトラクタブルヘッドライトを復活させてくれないかな。
カッコよくていいじゃん。

 

クルマでいえば、「流面形」セリカのGT-FOURは、今見てもカッコいい。
忘れてたんですが、赤も登場してたんですね。
やっぱカッコいいっす、流面形。

 

そして、やっぱり前半のスキーシーン。
超楽しそう。
スキー、やりたくなっちゃったな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 9:23 PM  Comments (0)

カサの修理 3

これはちょっとハードルが高いです。
そもそも、こんなまっすぐの鉄棒が平たくなって、そこに穴が開いているなんて、代替品が思いつきません。

 

で、10日くらい放っぽってあったんですが、チムニースターターを探しに行ったホームセンターで、もしかしたら、使えるかも、って品物を見つけたんです。

 

ヒートン。

 

本来、糸とかを通して、何かをぶら下げたりする時に使う「ヒートン」です。
そのヒートンの小っさいヤツは、穴の直径が2mmくらいで、全体の長さが10mmくらいのモノがありました。
これをくっつけちゃえば、穴の欠損は修復出来る気がします。

 

さっそくウチに帰って、作業開始です。
まず、欠けた穴に位置を合わせてヒートンを仮留めし、テグスを巻きつけます。
前回は細い針金を使いましたが、今回はヒートンが細かいので、テグスの方が巻きつけやすかったんです。
昔、釣り小僧だった時に、テグスを巻く作業は随分やったんですが、今回は形状がかなり不安定なので、見た目は後回しにして、とにかく強度を確保できるように巻きます。

 

 

第一関門クリアです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:10 PM  Comments (0)

カサの修理 2

U字の骨は、まず折れた部分をまっすぐにしますが、当然、強度が落ちていますから、硬い鉄芯を、U字に押し込みます。
この時は、100均で買った、「ワイヤー棚」の一部を切り取って、「添え木」にするワケです。
ガッツリ噛み込ませて、瞬着でくっつけ、細い針金を巻きつけて補強します。

 

この時は、カーマ子のカサが、2本全く同じ状況で壊れてましたから、同時に2本修理しました。

 

それから半年くらい経って、最近、またカーマ子がカサを直してくれ、と言ってきました。
今度は折り畳みのカサです。

 

状況を見たら、前とは全く違って、支えの骨の一部が欠損しているという、前回とはまるで違った壊れ方です。

 

 

すみません。
この先、写真がピンボケしてます。
近過ぎて、ピントがうまく合わせられないんです。

 

で、本来、この上の部分が丸い穴になってないといけないんですが、これがすっかり欠け落ちてます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:57 PM  Comments (0)