カサの修理 4

本来、穴に棒が通っていたはずの部分が、穴が欠損したということは、芯棒は残っているワケです。
芯棒は、細いパイプ状の棒ですが、両端を叩いて縁を広げる方式で固定されています。
これを抜いてもう一度はめ込むのは難しそうなので、いっそニッパでカットして、両側から抜いちゃいます。

 

ウチにあった、超小さいボルトとナットのセットで代用します。

 

こうして、何とか修復できました。

 

 

ボルトとナットは、瞬着で固定しちゃいました。

 

 

こうして、折り畳み傘も、何とか修理が終わりました。

 

こういうことに慣れておくと、いつかクルマの修理とかで役に立つかなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:42 PM  Comments (0)