いこすくん 2

いよいよ点火します。
筒の下側には、空気取り込みの窓が開いていますからそこから「着火マン」を差し込んで点火します。

 

 

新聞紙ですから、当然のごとく、最初は勢いよく燃えます。
普通であれば、パアッと燃え上がってすぐに消えちゃいますが、けっこうな勢いで上側の炭の部分にも炎が上っていきます。

 

 

新聞紙が燃え尽きるまでの一瞬の間に、上部にある炭にちゃんと着火してます。
もちろん、まだ炭の一部に火がついただけですが、これにはさすがにちょっと驚きました。
その後10分くらいで、詰め込んである全ての炭に燃え移ります。
そのままもう10分くらい放置しておけば、もういい感じに安定してきます。
必死でウチワで仰いでいるより早い上に、何と言っても放っておけば勝手に着火できる点がありがたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:17 PM  Comments (0)