新兵器 5

さて、魚探と言えども、あのデカイ入鹿池のどこにワカサギがいるかなんてトコロまでは教えてくれませんから、取りあえずボートが集まっていて、お隣さんの邪魔にならないようなトコロにあてずっぽうでボートを止め、アンカーを下ろして釣り開始です。

 

まずはカーマ子の仕掛けを作って投入しておいて、魚探をセッティングします。
セッティングと言っても、ボール型の発信機のスイッチを入れて、糸に結んでボートの脇に投入して、受信機のスイッチを入れるだけです。

 

ほほう、なかなかそれっぽい画面が表示されます。
水底まで約11mですが、魚の反応はありません。

 

魚探の真下周辺の、水底までの範囲で、何か反応があれば、受信機がピッと鳴って、画面に魚の絵を表示します。
反応の大きさによって、表示される魚の大きさが3種類あって、その魚に「8.5」とか数字で、水面からの深さが表示されます。
数字だけでなく、水底までの大体の位置も表示されているので、大ざっぱに深いか浅いかもわかります。
ワカサギくらい小さい魚が群れている場合は、大きい魚の表示なのか、小さい魚の表示なのかはちょっとわかりません。

 

が、最初の場所では、受信機が全くの無反応です。
そもそもアテになるのかならないのかもわからないようなシロモノですが、釣れない上に、機械的な反応もないので、場所を変えるコトにします。

 

アンカーを上げはじめたところで、受信機が「ピッ」反応しました。
「お父さん大物!」
来ましたぁー!!

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:45 PM  Comments (0)