バイキング

最近じゃ、「ビュッフェ方式」というみたいですが、要はいろんな料理の食べ放題のお店が流行ってますよね。
ただの「食べ放題」じゃなくて、いろんなジャンルの料理が並んでいて、自分で取ってきて食べるヤツ。
で、目玉となるローストビーフなんかを、シェフ的な人が目の前で切り分けてたりするヤツです。

 

ウチは、ヨメさんと二人だった時はあまり行かなかったんですが、娘が小学生になったくらいから、たまに行くようになりました。
ちょうどその頃から、なんだかんだの「懇親会」と名が付くものに顔を出さないといけなくなったのもあって、公私共にちょいちょい「バイキング」してるわけです。

 

ドンと作られた料理がドサッと置かれてるのを取ってくるわけですから、ことさら美味しいってものでもないんですが、バイキングの時に、どうしても取ってきちゃうのが「焼きそば」と「カレー」です。
たぶん、並んでる料理の中で、最も安上がりなメニューだとは分かってるんです。
だから、そんなモノでお腹を膨らますんじゃなくて、もっと原価率の高いモノを取ってきた方がお得なのも分かってるんですが、どうしても取ってきちゃうんです、カレーと焼きそば。

 

カーマ家が「常宿」にしている、飛騨高山の某ホテルでも、今年も夕食バイキングで予約してあるんですが、家族には、ワタシがカレーと焼きそばを取ってこようとしたら、羽交い締めしてでも止めてくれ、と言ってあります。
そのホテルのバイキング、目の前で寿司を握ってくれるコーナーもあって、その寿司がまた美味いんです。
今度は、そこにへばりついていようと思ってるんですが、ふっと気の迷いで焼きそばとカレーのコーナーに行かないようにしなきゃ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:32 PM  Comments (0)

冒険野郎

うろ覚えなんですが、30年くらい前、「冒険野郎マクガイバー」という洋モノのドラマをやっていました。
Tipo誌で連載されていた「ボルト&ナット」の台詞の中にもチラッと登場しますから、ご存知の方も多いんだと思います。

 

細かい設定なんかは忘れてしまっていますが、主人公のマクガイバーが、悪と戦うというまあ、ありがちな設定ではあります。
「ありがち」でないのは、マクガイバーが危機に陥った時など、とにかく身近にある適当な材料を使って即席で武器を作ってしまうという所で、ま、これだけが見せ場とも言えるようなドラマでした。

 

その時に、マクガイバーが使っていたスイスアーミーナイフがカッコ良くて、今でもワタシはジーパンの時はアーミーナイフを常備しています。
ただし、マクガイバーが使ってたヤツは、フルサイズの、かなり分厚いヤツでしたが、ワタシのはミニサイズで、機能もギリギリまで絞られたヤツですが。
・・・てなコトを書いてから気付きましたが、これ、銃刀法的に大丈夫?
ワタシのビクトリノックス、刃渡り3.5センチですが。

 

で、最近、そのリメイク版が、Dlifeでやってます。
その名も、単に「マクガイバー」。
考えてみれば、「冒険野郎」という肩書きをつけちゃうのって、いかにも昭和っぽいですね。
相変わらず、その場その場でいろんな武器を作ってます。
普通そんな所にそんなモノ置いてないだろう、的なツッコミはともかく、何か工夫の参考になるものがないか、前向きに観てます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:21 PM  Comments (0)

最後のジェダイ

ブログ上では、プラグ交換の作業の途中ですが、公開から2日後の「最後のジェダイ」を観てきました。

 

去年の年末に、スピンオフの「ローグワン」を観る直前に、レイア姫のキャリー・フィッシャーさんが亡くなるという悲報の直後でした。
映画がどんなスケジュールで製作されるものだか分かりませんが、今回の「最後のジェダイ」には、レイア・オーガナ将軍として、キャリー・フィッシャーさん、大活躍でした。
最後まで撮り切ってから亡くなったのか、途中から(下手したら最初から)CGだったのかわかりません。
でも、次のエピソード9では、どうなるんだろうか? なんて、要らない心配もしながら楽しく観てきました。

 

ストーリーでは、ちょうど金曜日に金曜ロードショウで「エピソード7・フォースの覚醒」をやったところの続きからです。
ルークが登場していよいよどうなっていくか、というところでしたが、初期三部作の主人公であるルークが出てきて全て解決、と行かないところがまあ良かったです。
個人的には、スターウォーズのシリーズでは初期のエピソード4〜6が好きですから、ルークの大活躍、というか、最後の最後にルークが美味しいところを持っていくような展開をどこか期待してしまうんですが、きっとそうじゃない方がいいんですね。

 

これから観に行く方は、どうぞ存分にお楽しみください。
決してお金を無駄にしたとは思わないで済む作品だと思います(個人の感想です)。

 

個人的には、ラスボスにあたるカタキ役が、随分前に亡くなったワタシのおじいちゃんにソックリだったのが、嬉しいような悲しいような・・・。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:32 PM  Comments (0)

vs.新型シビックHB1.5CVT 3

インパネなんかの景色は、シックな黒系で、なかなかカッコよろしいです。
シートのデザインも「素」の割にスポーティーで、今回のシビックシリーズの基本線を象徴している感じです。
ただ、なんかこのシート、お尻の部分がちょっと硬くて、長時間乗ったらどうかな? という点がひっかかりました。

 

1.5Lターボは182馬力を発生しますから、1,300キロ台のボディには、充分というより、若干過剰とも言えるパワーです。
ただ、前の空いた直進路でアクセルを踏み込んでみましたが、CVTのせいか、速いには速いんですが、ちょっとおっとりした印象でした。
この前乗った4代目メガーヌの方が、楽しい加速感でした。
もっとも、パドルが付いていますから、パドルを上手く使ってやると楽しい加速感が得られるかもしれません。

 

ハンドリングは試せませんでしたが、交差点を曲がる時なんかは、「大きなクルマ」っぽい動きと言いますか、大きさを意識させます。
自分の中で「シビックはコンパクトカー」という刷り込みが強過ぎるのかもしれません。

 

全体としては、そこそこスポーティーで悪くありませんが、ちょっとタイプRに遠慮してるのか、わざと抑え気味にしている印象で、「スポーティーカーの得意だったホンダ」を期待し過ぎるとちょっと寂しい感じです。

 

この新型シビック、イギリスからの逆輸入のせいか、300万くらいと、けっこうなお値段です。
「ライバルはインプレッサですか?」と聞いたら「アクセラです」とセールス氏はおっしゃってましたが、アクセラもインプレッサも、お値段はもう少しリーズナブルですね。
それでも、結構売れてるそうなので、今回ワタシが見抜けなかった魅力がまだまだ隠されているのかもしれません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 未分類 — カーマくん 7:37 PM  Comments (0)

朝市2017

久々に、「朝市」に行ってきました。
岡崎から車で30分くらいの、蒲郡の西浦という所にある、「西浦鮮魚マーケット」という所です。
いつものように、一人800円の予算で、気に入った魚を見つくろう、というルールです。
で、今回の戦利品は、こんな感じ。

 

 

左上が、ワタシの予算を使い切った鍋用のフグ、800円。
右上は、ヨメさんの予算余りをワタシとカーマ子の希望で使ったアジ16尾、200円。
右下は、ヨメさんの選んだメヒカリ(数不明)、450円。
真ん中が、ヨメさんの予算余りをカーマ子の希望で使ったキンメ、600円。
左下が、カーマ子が最初に選んだサバ、300円。
合計2,350円也。

 

キンメもアジもメヒカリも、刺し身で食べられるので、キンメは全部刺し身用にしました。
アジとメヒカリは一部を刺し身用にし、後は揚げる用にします。
メヒカリは、全国的に知られているのかどうかわかりませんが、三河湾の深海で捕れる魚で、弱いので、揚げると絶品ですが、よほど新鮮でないと刺し身じゃ食べられません。
早起きして朝市に出かけるご褒美ですね。

 

今夜は美味い酒が飲めそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:12 PM  Comments (0)

ローマの休日

先日、BSで「ローマの休日」をやってまして、最後の方だけ見るともなく見てました。
「ローマの休日」は、もう30年くらい前にテレビで観たきりですが、内容は、まあ説明するまでもないでしょう。

 

昔観た時は、もっぱら、オードリー・ヘプバーンの可愛らしさ、綺麗さだけが突出して印象に残っていますが、今回はむしろ、グレゴリー・ペックのカッコ良さが印象に残りました。
ガタイも良くて(190cm)、全体的な雰囲気もカッコ良かったんですが、やっぱり目を代表に、顔の作りや表情がカッコいい。
特に、ラスト近くで王女を送り届けた時の表情や、最後の記者会見で王女と目が合った時の表情なんか、男から見ても惚れますわ。

 

昔、ワタシが20歳そこそこの頃に観た時は、やっぱりグレゴリー・ペックは「おっさん」と思えたので、よけいにオードリー・ヘプバーンの方が印象に残ったんでしょうが、今や当時のグレゴリー・ペックに「おっさん」と言われる年齢になってみると、男として素直にカッコいいと思えます。
ちなみに、ローマの休日の撮影当時は35〜36歳くらいのようです。

 

ちょっと前に、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンの話をしましたが、昔の洋画の俳優さんって、やっぱりカッコいいです。
昔の洋画、ちょっと自分なりに特集して見てみようかな。

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:49 PM  Comments (0)

vs.アルファロメオ・ジュリア 2

試乗車の準備が出来るまで、ショウルームの展示車のリアシートに潜り込みます。
う、結構狭いぞ。
ジュリア自体、全長4,655mm、全幅1,865mm、全高1,435mm、HB2,820mmの堂々としたサイズですが、なんか、レッグルームはギリギリです。
男が縦に並ぶのは厳しいかも。
FRだから、ドライブシャフトのトンネルもボッコリ出ていて、余計足元を狭くしています。
ヘッドルームはこぶし1.5個分くらいですから、まあまあ、といったところです。
シートがすごく肉厚なしっかりしたものである事を差し引いても、もう少し何とかならなかったのかなあ。

 

トランクは、床面が結構高くて上げ底になっていますが、サイズなりの広さです。
リアシートを倒すと、思いの外フラットです。

 

運転席に移ります。
さすがにスポーティーな印象です。
ステアリングに配置されたスタートボタンを押してエンジンをかけます。

 

今回の試乗車である「スーパー」は、4気筒の2Lターボで、200馬力のモデルです。
「ヴェローチェ」は同じエンジンですが280馬力、クアドリフォリオはV6の3Lツインターボで、510馬力ですから、まあ、GT−Rみたいな存在ですね。

 

車重は1,590キロと結構な重さですが、200馬力でそんなに不満はありません。
出だしの一瞬だけ、ちょっと重いかな。
ま、スピードに乗せてしまえば必要にして充分なパワーです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 未分類,試乗 — カーマくん 6:30 PM  Comments (0)

燻製 6

ささ身も、七輪で仕上げます。

 

 

なんか、カラスミみたいです(苦笑)。

 

さて、完成品は、大成功です。
ハーブ塩も効いて、桜のチップのいい香りで、思わずビールが進んじゃいます。

 

煙はほとんど出てませんが、まだ火は残ってたので、チップをつぎ足して、火が通らなくても食べられるオーソドックスな燻製食材を入れてみます。

 

 

こちらもなかなかイケました。

 

いやあ、また新しい遊びを見つけてしまいました。
これからちょいちょい、いろんなものを燻して喜んでいそうです。

 

 

ここでお知らせ。
明日から2週間、研修で山ごもりです。
ネタもないところですが、ブログもお休みになります。
ああ、憂鬱。

 

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:40 PM  Comments (0)

燻製 5

さて、火を入れて1時間半くらいすると、ほぼ燃え尽きたのか、煙が出なくなってきました。
食材を取り出して、七輪で仕上げるべく切ります。

 

 

こちらがささ身で、あとちょっと火を通せば充分イケます。
豚のカタマリは、火の通りで言えばまだまだです。

 

 

さて、七輪で仕上げます。
BBQの時もそうですが、豚は脂が豪快に落ちるので、煙が出ます。

 

 

でも、いい感じです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:37 PM  Comments (0)

燻製 4

テレビでは、カセットコンロに乗っける方式で、いつでも強火から弱火まで火の調整が出来る燻製器を使っていましたが、ウチでは段ボールなので、下にカセットコンロを置くわけにもいきません。
煙の量は充分だとしても、熱量が追いつかないことに、燻製中に気が付きました。

 

 

そこで、燻製器の、○印のような穴を出来るだけふさぎ、内部温度の上昇に努めるとともに、じっくり時間をかける覚悟をします。

 

それでも、途中で様子を見てみたら、おお、なんかけっこういい感じになってます。

 


が、火が通り切るものでもありませんので、仕上げ用の七輪の準備をはじめます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:59 PM  Comments (0)