vs.新型シビックHB1.5CVT 3

インパネなんかの景色は、シックな黒系で、なかなかカッコよろしいです。
シートのデザインも「素」の割にスポーティーで、今回のシビックシリーズの基本線を象徴している感じです。
ただ、なんかこのシート、お尻の部分がちょっと硬くて、長時間乗ったらどうかな? という点がひっかかりました。

 

1.5Lターボは182馬力を発生しますから、1,300キロ台のボディには、充分というより、若干過剰とも言えるパワーです。
ただ、前の空いた直進路でアクセルを踏み込んでみましたが、CVTのせいか、速いには速いんですが、ちょっとおっとりした印象でした。
この前乗った4代目メガーヌの方が、楽しい加速感でした。
もっとも、パドルが付いていますから、パドルを上手く使ってやると楽しい加速感が得られるかもしれません。

 

ハンドリングは試せませんでしたが、交差点を曲がる時なんかは、「大きなクルマ」っぽい動きと言いますか、大きさを意識させます。
自分の中で「シビックはコンパクトカー」という刷り込みが強過ぎるのかもしれません。

 

全体としては、そこそこスポーティーで悪くありませんが、ちょっとタイプRに遠慮してるのか、わざと抑え気味にしている印象で、「スポーティーカーの得意だったホンダ」を期待し過ぎるとちょっと寂しい感じです。

 

この新型シビック、イギリスからの逆輸入のせいか、300万くらいと、けっこうなお値段です。
「ライバルはインプレッサですか?」と聞いたら「アクセラです」とセールス氏はおっしゃってましたが、アクセラもインプレッサも、お値段はもう少しリーズナブルですね。
それでも、結構売れてるそうなので、今回ワタシが見抜けなかった魅力がまだまだ隠されているのかもしれません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 未分類 — カーマくん 7:37 PM  Comments (0)

朝市2017

久々に、「朝市」に行ってきました。
岡崎から車で30分くらいの、蒲郡の西浦という所にある、「西浦鮮魚マーケット」という所です。
いつものように、一人800円の予算で、気に入った魚を見つくろう、というルールです。
で、今回の戦利品は、こんな感じ。

 

 

左上が、ワタシの予算を使い切った鍋用のフグ、800円。
右上は、ヨメさんの予算余りをワタシとカーマ子の希望で使ったアジ16尾、200円。
右下は、ヨメさんの選んだメヒカリ(数不明)、450円。
真ん中が、ヨメさんの予算余りをカーマ子の希望で使ったキンメ、600円。
左下が、カーマ子が最初に選んだサバ、300円。
合計2,350円也。

 

キンメもアジもメヒカリも、刺し身で食べられるので、キンメは全部刺し身用にしました。
アジとメヒカリは一部を刺し身用にし、後は揚げる用にします。
メヒカリは、全国的に知られているのかどうかわかりませんが、三河湾の深海で捕れる魚で、弱いので、揚げると絶品ですが、よほど新鮮でないと刺し身じゃ食べられません。
早起きして朝市に出かけるご褒美ですね。

 

今夜は美味い酒が飲めそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:12 PM  Comments (0)

ローマの休日

先日、BSで「ローマの休日」をやってまして、最後の方だけ見るともなく見てました。
「ローマの休日」は、もう30年くらい前にテレビで観たきりですが、内容は、まあ説明するまでもないでしょう。

 

昔観た時は、もっぱら、オードリー・ヘプバーンの可愛らしさ、綺麗さだけが突出して印象に残っていますが、今回はむしろ、グレゴリー・ペックのカッコ良さが印象に残りました。
ガタイも良くて(190cm)、全体的な雰囲気もカッコ良かったんですが、やっぱり目を代表に、顔の作りや表情がカッコいい。
特に、ラスト近くで王女を送り届けた時の表情や、最後の記者会見で王女と目が合った時の表情なんか、男から見ても惚れますわ。

 

昔、ワタシが20歳そこそこの頃に観た時は、やっぱりグレゴリー・ペックは「おっさん」と思えたので、よけいにオードリー・ヘプバーンの方が印象に残ったんでしょうが、今や当時のグレゴリー・ペックに「おっさん」と言われる年齢になってみると、男として素直にカッコいいと思えます。
ちなみに、ローマの休日の撮影当時は35〜36歳くらいのようです。

 

ちょっと前に、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンの話をしましたが、昔の洋画の俳優さんって、やっぱりカッコいいです。
昔の洋画、ちょっと自分なりに特集して見てみようかな。

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:49 PM  Comments (0)

vs.アルファロメオ・ジュリア 2

試乗車の準備が出来るまで、ショウルームの展示車のリアシートに潜り込みます。
う、結構狭いぞ。
ジュリア自体、全長4,655mm、全幅1,865mm、全高1,435mm、HB2,820mmの堂々としたサイズですが、なんか、レッグルームはギリギリです。
男が縦に並ぶのは厳しいかも。
FRだから、ドライブシャフトのトンネルもボッコリ出ていて、余計足元を狭くしています。
ヘッドルームはこぶし1.5個分くらいですから、まあまあ、といったところです。
シートがすごく肉厚なしっかりしたものである事を差し引いても、もう少し何とかならなかったのかなあ。

 

トランクは、床面が結構高くて上げ底になっていますが、サイズなりの広さです。
リアシートを倒すと、思いの外フラットです。

 

運転席に移ります。
さすがにスポーティーな印象です。
ステアリングに配置されたスタートボタンを押してエンジンをかけます。

 

今回の試乗車である「スーパー」は、4気筒の2Lターボで、200馬力のモデルです。
「ヴェローチェ」は同じエンジンですが280馬力、クアドリフォリオはV6の3Lツインターボで、510馬力ですから、まあ、GT−Rみたいな存在ですね。

 

車重は1,590キロと結構な重さですが、200馬力でそんなに不満はありません。
出だしの一瞬だけ、ちょっと重いかな。
ま、スピードに乗せてしまえば必要にして充分なパワーです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 未分類,試乗 — カーマくん 6:30 PM  Comments (0)

燻製 6

ささ身も、七輪で仕上げます。

 

 

なんか、カラスミみたいです(苦笑)。

 

さて、完成品は、大成功です。
ハーブ塩も効いて、桜のチップのいい香りで、思わずビールが進んじゃいます。

 

煙はほとんど出てませんが、まだ火は残ってたので、チップをつぎ足して、火が通らなくても食べられるオーソドックスな燻製食材を入れてみます。

 

 

こちらもなかなかイケました。

 

いやあ、また新しい遊びを見つけてしまいました。
これからちょいちょい、いろんなものを燻して喜んでいそうです。

 

 

ここでお知らせ。
明日から2週間、研修で山ごもりです。
ネタもないところですが、ブログもお休みになります。
ああ、憂鬱。

 

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:40 PM  Comments (0)

燻製 5

さて、火を入れて1時間半くらいすると、ほぼ燃え尽きたのか、煙が出なくなってきました。
食材を取り出して、七輪で仕上げるべく切ります。

 

 

こちらがささ身で、あとちょっと火を通せば充分イケます。
豚のカタマリは、火の通りで言えばまだまだです。

 

 

さて、七輪で仕上げます。
BBQの時もそうですが、豚は脂が豪快に落ちるので、煙が出ます。

 

 

でも、いい感じです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:37 PM  Comments (0)

燻製 4

テレビでは、カセットコンロに乗っける方式で、いつでも強火から弱火まで火の調整が出来る燻製器を使っていましたが、ウチでは段ボールなので、下にカセットコンロを置くわけにもいきません。
煙の量は充分だとしても、熱量が追いつかないことに、燻製中に気が付きました。

 

 

そこで、燻製器の、○印のような穴を出来るだけふさぎ、内部温度の上昇に努めるとともに、じっくり時間をかける覚悟をします。

 

それでも、途中で様子を見てみたら、おお、なんかけっこういい感じになってます。

 


が、火が通り切るものでもありませんので、仕上げ用の七輪の準備をはじめます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:59 PM  Comments (0)

燻製 3

さて、セットされたチップのブロックに火をつけます。

 

 

下が密着してしまうと燃え残るかも、と思って、ローズマリーを切って敷いてみました。

 

「男子ごはん」では、サーモンとベーコンを燻していたので、ウチでは、たまたま冷蔵庫にあった(角煮用の)豚のカタマリと、ささ身を使います。
ハーブ塩を振りかけて2時間くらい馴染ませ、水気を取って網に乗せます。

 

 

いやあ、ホントは、火が通らなくても食べられるチーズとか、はんぺんとかゆで卵なんかが初心者向けなんでしょうが、いきなりハードルの高いものからやっちゃいました。

 

失敗したわけではありませんが、ちょっと問題がおきます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:53 PM  Comments (0)

燻製 2

箱を開いて、いろいろ見てみます。
まず、これがチップの皿。

 

 

段ボールで支えますが、大丈夫なのかな?

 

そして、網もついています。

 

 

組み立ては、ちょっと説明書が分かりづらかったですが、なんとか完成しました。

 

 

これ、ワタシは昔からプラモデル作ってた経験がありますからまだ慣れた感じで作れましたが、最近の、プラモデルとか作ってない人はちょっと苦労するんじゃないかなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ,未分類 — カーマくん 8:16 PM  Comments (0)

燻製 1

見事なほどに日本を縦断していった台風でしたが、みなさん大丈夫でしたでしょうか?

 

夏にヨメさんと、蒲郡(岡崎から南に30分くらいの海沿いの街)のカインズホームに行った時、簡易燻製作りセットが気になってました。
その時は他の買い物もあって見送ったのですが、ちょっと気になっていました。

 

そんな中、先日(日曜日)のテレビ(「男子ごはん」)で、燻製作りをやってたのを見て、スイッチが入っちゃいました。
ヨメさんと二人で「買うか!?」てなノリで、翌月曜日にカインズホームへGOです。

 

大した装置でもないので、そう高いものでもありませんが、すぐ飽きるかも知れませんし、失敗してイヤになるかも知れないので、取りあえず簡単な、安いヤツを買ってきました。

 

 

「モクモグ」という、段ボール製の薫製器です。
なんか、ちゃっちい感じもしますが、チップの皿とか、食材乗せの網とか、チップのブロックとかいろいろセットされて、1,200円ちょいでした。
まあ、最悪本体ごと燃えてしまう可能性もなくはありませんが、1,200円くらいなら笑って済ませられそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 10:20 PM  Comments (0)