ハンドル交換 5

さて、しっかり位置決めして、ワーヤーものを固定して、グリップ部分を取り付けます。
カッターで切っちゃったから、上手く付くか不安でしたが、グリップの内側は、ネットリした柔らかい(シリコンみたいな)素材で、付け直してもグリップはしっかりしてます。
そのまま行けちゃいました。

 

そんなこんなで、ハンドル交換、なんとか終わりました。

 

 

注意深い人は、この写真で気付いたかもしれません。
「完了」と思ったら、ベルを付け忘れてました(汗)。

 

全体像は、こんな感じです。

 

 

この後、方々のサビを取って、ホントに作業完了です。
自転車屋さんに頼めば数千円かかりますが、ご自身でやればタダです(エド風)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:00 PM  Comments (0)

ハンドル交換 4

ただの曲がった棒になったハンドル自体は、この錆びたボルトを6mmの六角レンチで緩めて引き抜きます。

 

 

代わりに新しいハンドルを差し込んで、中心部でしっかり固定して、ワイヤーものを取り付けようと思ったら、

 

 

あいたたた。
ブレーキのワイヤーが短くて、ハンドルの端まで届きません。
やむなく、一度中心部を緩めて、ハンドルの端からワイヤーものを通してから、もう一度中心部を締め付けます。

 

一手間余分にかかっちゃった。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:07 PM  Comments (0)

ハンドル交換 3

ハンドルを外すには、左右にあるブレーキレバーをはじめ、いろんなパーツを外さなくてはなりません。

 

 

5mmの六角レンチで緩めて外します。
その他、「ホーン」ならぬ「ベル」、「シフトノブ」ならぬ「変速レバー」も外します。

 

 

これらが取り外したワイヤーものです。

 

厄介なのはグリップ部ですが、これはカッターで切れ目を入れてベロンと行っちゃいます。
切っちゃいますから、あとで戻す時には、ボンドか何かでちゃんと付け直してやる必要がありそうですが、これ、カッター使わずに根気よく引き抜いていたら、一日仕事になっちゃいます。
それだけ、ガッチリ付いています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:52 PM  Comments (0)

ハンドル交換 2

まずは、テレスコピック機能を最大限に活かしてみましょう。
テレスコ機能は、ハンドル取り付け部のこのネジを緩めると調整できます。

 

 

6mmの六角レンチで緩めて、ハンドルを引き上げます。
すると、3センチくらい上がりますが、逆に言えばこれが限界です。

 

 

ちょうどサビのない部分が、上がった分です。
でも、まだもう少し上げたいですね。
やっぱりハンドルを換えましょう。

 

てなわけで、ホームセンターへ行ったら・・・さすがに売ってません。
自転車屋へ回りますが、一軒目はお取り寄せでした。
二軒目に回ると、高さが低いの、中くらいの、高いのと3種類売ってます。
うんと高くしてやろうとも思ったんですが、そうするとブレーキのワイヤーが届かない恐れがあるので、中くらいの高さのモノを選びました。
1,580円(税抜き)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:43 PM  Comments (0)

ハンドル交換 1

いや、「ステアリング」交換じゃありません。
「ハンドル」交換です。
エリーゼのステアリングも、だいぶくたびれてきているので、そろそろ交換したい気持ちはあるんですが、今回は、娘の自転車のハンドル交換のお話です。

 

今年中1になった娘の自転車は、もう4年半ほど前に買ったものですから、小学校2年生の終わり頃ですね。
当時の自分のブログを見ていたら、「6年生くらいまでは使いたい」なんて書いてますから、もう充分使ったワケですが、この前タイヤを交換したばかりですし、もう少し乗れそうです。

 

とは言え、サイズ的にも厳しくなってきました。
今、娘の身長は、大体ヨメさんとおんなじくらいになっているんですが、この前ヨメさんが娘の自転車を借りて乗ったら、ハンドルの位置が低くて乗りづらかったそうです。
こうなったら、ハンドルの位置を少し上げようじゃありませんか。
娘の自転車はそのうち新しいヤツにするにしても、お下がりをヨメさんのちょい乗り用にしてもいいかもしれません。

 

そんなわけで、娘の自転車の現状はこんな感じです。

 

 

さて、ハンドル位置、上げるコトはできるでしょうか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:32 PM  Comments (0)

アジサイ

もうすぐ梅雨ですが、カーマ家のアジサイが咲き始めました。
もともとウチに植えてあったアジサイはまっ白なヤツでして、そのアジサイはまだ蕾なんですが、お隣から分けていただいた水色のアジサイが先に満開になりました。

 

こちらがお隣からいただいたオリジナルの色なんですが、もう一つ、別の鉢で育てたアジサイがこちらです。

 

 

ピンクの方は、バーベキューなんかで出た灰をやってたら、土が酸性にならずに済んだ(というかアルカリ性になった)ため、ピンクになったようです。

 

雨が降るとアジサイの色が変わるなんて言われますが、要は土の成分の影響が大きいみたいですね。
理科の実験みたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:29 PM  Comments (0)

腕時計

腕時計の話は、今までにもちょいちょいアップしてますが、最近、店頭で買うともなく腕時計を見て思いました。

 

でかっ!

 

ワタシは、多針式のクロノグラフが好みですので、買う気がなくてもついついそういう方向に目が行ってしまうんですが、とにかく文字盤のサイズがでかい。
ワタシの時計の中で、一番文字盤の大きいアビオミラノでさえ、ガラス面の直径で3.2センチくらい、普段使っているタグホイヤーのS/elでは2.8センチくらいです。

 

それに比べて、最近時計屋の店頭にあるクロノグラフは、(測ったワケじゃありませんが)4センチから下手すりゃ5センチくらいの巨大なサイズになってます。

 

今のワタシは、年齢的に確かに大きい方が見やすいんですが(苦笑)、それでも、ワタシの手首の太さだと、アビオミラノのサイズが限界です。
これより大きいと、完全に手首からはみ出します。
大概の日本人の体格には、大き過ぎなんじゃないかなあ。

 

とは言え、最近じゃ、スマホの普及のせいか、腕時計をしない若者も多いようです。
いちいちポケットからスマホを出して時間見るより、腕時計なら一瞬で済むと思うのは、きっとワタシがオッサンだからでしょう。
スマホと比べると、文字盤5センチの腕時計なんて、小さい小さい。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:43 PM  Comments (0)

オメガ 5

「父の形見」というと大げさですが、父の遺したこまごましたモノの中から引っぱり出して、不安定ながら復活させたオメガのデビルを使ってみました。

 

5月6日の土曜日に、名古屋にある八事山興正寺というお寺で、娘の「十三参り」という行事をやりました。
「十三参り」というのは、ワタシは全然知らなかったんですが、まあ、七五三みたいなもので、十三になった子供にご祈祷をしてもらって、知恵を授けていただく行事のようです。
ま、ヨメさんが娘に振り袖を着せたくて、無理やり連れてったみたいなものです。

 

その時、ヨメさんは着物、ワタシはスーツでしたので、オメガをしてみました。
仕事と違って、秒針は必要ないですし、万一止まってしまっても、まあどうというコトはありません。

 

二人のおばあちゃんも参戦して、お参りの後は、近くのカニ料理屋でカニを食べて帰ってきました。

 

カニ屋は12時半に予約が取ってあったんで、そこまでは結構時間を気にしてました。
オメガもちゃんと動いてました。

 

料理も終盤戦になって、ふと時計を見たら、あれ? まだ30分くらいしか経ってません。
一応会席料理の最後のカニ雑炊が出た頃ですから1時間以上は経ってるはずです。
・・・止まってました(笑)。
ちょっと振っ田利して、時間を合わせたら、その後はまた復活してます。

 

その後、翌週の娘のピアノの発表会の時もオメガで出撃しましたが、今度は帰ってくるまでちゃんと動いていました。
いよいよ本格的に復活か?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:13 PM  Comments (0)

オイル 2

そもそも、お馴染みの(ようで実はよくわかっていない)API規格も、ワタシが免許取った頃はたしか「SF」くらいが最高規格でしたが、それがだんだん「SG」「SH」「SJ」「SL」「SM」となって、今は「SN」が最高です(「I」と「K」はどこ行った?)。

 

こうなってくると、じゃあ、全合成油のSMと部分合成油のSNじゃ、どっちがいいんだ? てな話になるわけで、ワケが分かりません。
有名なモチュールの300Vあたりは、確か全合成油ですが「SM」みたいですし、ワコーズでも、API規格を取ってない製品もあるとかないとか。

 

オイル交換のタイミングも、「半年または5,000km」なんて言われていた時期もありますが、最近は「1年または10,000km」とか、もっと長くても大丈夫とかいろいろ言われます。
安いオイルをマメに換えた方がいいとか、高いオイルで長持ちさせた方がいいとか(高いオイルをマメに、が一番なんでしょうが)、果たして何が正解やら分かりませんね。

 

結局、今の技術なら、エンジンの工作精度からしても、オイルの精製方法からしても、ナニを入れてもよっぽど大丈夫なんでしょう。
個人個人のイメージとか、たまたまフィールがよく感じられたとか、それこそ趣味の世界ですね。

 

そんなワケで、ワタシは、しばらくはエリにはカストロールのエッジの5W−40、メガにはエルフを、イメージだけで入れるんだろうな。
だれか、超絶オススメというオイルがありましたら教えてください。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:14 PM  Comments (0)

オイル 1

オイル交換の時、今までは基本的に化学合成油(全合成油)を使っていましたが、今年のGWのオイル交換では、メガーヌに部分合成油を使ってみました。
化学合成油の方が値段も高いし、きっと性能もいいんだろう、くらいの認識しかありませんでしたが、実際、どうなんでしょうか?

 

昔、合成油より鉱物油の方が金属に馴染みやすくて、特に旧いクルマには、合成油よりも鉱物油の方が向いている、なんてコトをどこかで聞いた気がするんですが、うろ覚えです。

 

そんなワケで、ちょっと調べてみました。
いろんなサイトを見比べてみましたが、結局、異口同音に言ってるのは、そりゃ、100%化学合成油の方がいいさ、ってコトです。
でも、よほどハードな使い方でない限り、値段が高いから部分合成油でもいいよ、ってな具合。
鉱物油は、安い分、不純物が多いし、熱ダレと酸化に弱い。
ただし、昔のエンジンは100%化学合成油に対応していないため、鉱物油の方が無難。
(これも理由がわかるようなわからないような・・・)

 

う〜ん、まあ、知ってた(笑)。
具体的に、どのくらい熱に弱くて、どのくらい酸化しやすいとか、あんまりよく分からないなあ。

 

今時は100%鉱物油の方が珍しいくらいですが、全合成油の安いヤツと部分合成油の高いヤツじゃ、値段も大して変わりません。
全合成油の中でも、値段がピンキリで、4Lで1万とか2万とかするのもあれば、安い時を狙えば2,980円くらいでも手に入ります。

 

お、長くなりそうなので、続きは明日。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:14 PM  Comments (0)