ネット査定

その後、エリーゼは快調でした。
2年目の夏(2003年)は、冷夏で、大きな苦労もなく乗りきる事ができました。
3年目の夏(2004年)は再び暑い夏となりましたが、前にも書いたように、体の方が慣れてしまって、平気になっていて、順調に過ごしていました。
ただ、命綱である扇風機のヒューズが切れた事が2回ほどあり、その時は、「あ、死ぬかも」と思いましたが。
そんな暑い夏のある日、ネットを見ていたら、「あなたのクルマを30社が無料査定!」ってな感じの広告が載っていました。(よくありますよね)
で、完全に面白半分で、エリーゼってこういうところではどういう評価なんだろう? と思って、つい、入力してみました。
広告の感じだと、翌日には10社以上から査定額を知らせるメールが届くとのことでしたが、さすがに一通も返事のメールが届きません。
「なんだ、誇大広告しやがって」と思いつつも、「そりゃ、そうだろうな」と納得して忘れかけていたところで、電話が鳴りました。
「旅行記」で、巨人になったり小人になったりする人の名前の会社からでした。
で、その内容が「珍しいクルマなので、データがなく、ネットでの返事ができない。申し訳ないが、一度見せてもらえないか」とのことでした。
非常に丁寧な物言いで、電話でも真面目なのが伝わる感じだったので、少し面倒だとは思いましたが、「じゃ、いついつに見に来て」ということになりました。
もとが409万(税抜き、メタリック塗装10万込み)のクルマです。
2年半乗った時点で、いくらになっているのかは興味がありました。
200万いかなかったら暴れてやろう、という思いと、でも250万いけば御の字かなという思いの入り交じった、複雑な気持ちで結果を待ちました。
ところが、「すぐに返事ができないので、社に持ち帰って後日改めてお知らせする」ということで、すぐに返事がもらえません。
なんか、合格発表を待つ気分です。
そして、後日はじき出された金額は「270万」でした。
この数字にはちょっとびっくりしました。
「夏は暑いけど頑張って10年乗ろう」という気持ちをぐらつかせるのに充分な金額だったのです。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 3:25 PM  Comments (3)

12ヶ月点検 2

一年後(2004年2月)です。
例によって、1月の初めに予約と代車のお願いをして、2月の上旬になりました。
去年、あんな事があったので、今年は逆に大丈夫だろうとも思ったのですが、念のため、今度は前日に電話してみました。
す・る・と・・・
やってくれるぜ「マネーの虎」!
またしても予約が通っていませんでした。
もうこちらも慣れたものです。
とっても静かにお話をさせていただいて(ゴネるなんてとんでもありません)、予約の捻じ込み・・・もとい、予定通りの予約のお願いと、代車をお借りする段取りをお願いして、事無きを得ました。
ちなみに、去年からワタシのエリ担当になったセールスのお兄ちゃんも辞めちゃったそうです。
え? もしかして、ワタシって、疫病神?
ワタシの担当になると、みんな辞めたくなっちゃうの?
ちょっと心が寒くなる状況です。
この後は、特に「私が担当になりました」という人も現れず、担当なしの中ぶらりん状態になってしまいました。
昨日のブログで、某大手輸入代理店がネタを提供してくれると書きましたが、まだ、この手のネタは尽きません。
頑張れ「マネーの虎」! まだまだネタは尽きないぞ!
でも、そのネタはしばらくおあずけ。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 7:48 PM  Comments (0)

12ヶ月点検 1

久々にエリーゼのネタに戻ります。
猛暑となった2002年の初めての夏越しも、何とか無事に乗りきり、冬のさ中、2月には12ヶ月点検を迎えました。
通勤に使っている人間としては、代車は絶対条件で、購入時もしつこく「代車は確実か」と念押ししてありました。
購入したのは、名古屋の某大手輸入代理店ですが、岡崎からは結構距離があるので、点検で持って行くのも大変です。
それでも県内にあるというだけでも、恵まれていますが。
ちょうど仕事の都合で、2月の上旬に早く仕事が終わる日があるので、そこを狙いすまして点検の予約を取ります。
1月の、正月明けの頃に電話を入れると、なんと、購入時に担当してくれたセールスのおっちゃんが辞めちゃったとのことで、とにかく予約は取って、代車のお願いもしてはおきましたが、何か嫌な予感がしました。
さて、2月になって、入庫予定日に、持って行く途中の路上で、「今から持って行く」と電話したところ、予約が入っていないというじゃありませんか。
冗談じゃありません。
こちらは、一ヶ月も前からちゃんと予約してあるし、この日を外したら、次に持って行く機会が、なかなか得られません。
「着くまでに1時間近くかかるから、それまでに何とかしておいてくれ」と、半ば無茶にゴネて、とにかく店に向かいました。
着く30分くらい前に、「何とかなった」と連絡が入ったものの、「どうなってるんだ!」という思いが強く残って、とても気分が悪かったのを覚えています。
ただ、このお店、この後もこの手のネタの供給には事欠かないという、今にしてみれば、ブログのネタになるという点で、有り難いお店だったのです。
ところで、クルマ自体は、ちょっと冷却水漏れがあったものの、クーラントのホースの交換で簡単に直り、その他はとても健康体ということで帰ってきてくれました。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 7:48 PM  Comments (2)

TMR訪問 2

デモカーの試乗を終えたら、このミラクルなアシ回りが欲しくなってしまいました。
エナペタル・ビルシュタインとの共同開発(?)らしいですが、このハードなバネを御しきれるショックはさすがだと思いました。
(それにしても、エナペタルとビルシュタインの関係が私にはよくわかっていません)
・・・でも、さすがに高い。
いやあ、効果はわかるんですが、ちょっとやそっとでは手が出ません。
(私ってば、ごく普通のサラリーマンですから)
それなのに物欲モードだけが全開になってしまいました。
さあ困った。
こうして、視線が向いたのが、工場の隅に転がっていた「ビッグボアスロットルキット」でした。
「これって、実際のところどうなんですか?」
聞く方も聞く方ですが、答える方も答える方です。
「うーん、燃費は多少落ちるけど、レスポンスとか良くなるよ。お勧めだよ」
ちょっと感心したのは、「燃費が落ちる」と正直に言っていただけたこと。
普通、いきなり弱点から言わないですよね。
で、買っちゃいました、ビッグボアスロットル。
48パイが52パイになるとのことで、そりゃ、常識的に考えれば、燃費は落ちるでしょうね。
でも、それを正直におっしゃってくださった田村さんの人柄と、「レスポンスアップ」につられて、衝動買いです。
思わぬ大阪土産になってしまいました。
取り付けはその後、家でDIYでやりました。私でも出来る程度の作業でした。
効果は、確かに踏み込んだ一瞬の反応が良くなった感じです。
燃費は、大して変わってないと思います。多分誤差の範囲。
そんなこんなで、とても気持ちの良い大阪訪問でした。
そんな田村さんも、今年、突然お亡くなりになってしまいました。
今は心からのご冥福をお祈りします。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 7:52 PM  Comments (0)

TMR訪問 1

’03年に、ユニバーサルスタジオジャパンに行きました。
愛知県からだと、東名阪から名阪国道、西名阪と通って、行ってみると案外近いものでした。
6月だったので、もうノンエアコンのエリーゼで行くのは辛く、206での出撃です。
大阪の初日は、USJで思いきり楽しんで、2日目は、夫婦それぞれお互いの趣味関係で別行動でした。(別に仲が悪いわけじゃありません)
で、ヨメさんは、趣味のクラフト関係のお店に行きました。
私は、エリーゼ関係の西の本拠地(?)のTMRを訪ねてみました。
田村さんは、大変気さくな方で、突然の訪問にもかかわらず、温かく迎えてくださいました。
正直言って、エリーゼで来なかったことを後悔しました。
クルマについて、いろんな話をうかがって、本当に楽しい一時を過ごさせていただきました。
当時のデモカーのエリーゼにも乗せていただきました。
スポーツ触媒(だったかな?)にマフラーと、排気系をいじってあり、音にも感動したのですが、このエリーゼ(今はガルウィングになってますかね)、実はアシが尋常じなかったのです。
ちょうど訪問の直前に、アシが出来上がったとのことで、田村さんもおもしろがっていらっしゃったのですが、バネレートは相当上げてあるのです。(正確な数字は忘れちゃいましたが、今のエクあたりより高いんじゃなかったかな)
それが、もっとバネレートの低いはずのウチのエリより、乗り心地がいいのです。
路面のちょっとした段差(例えば橋の継ぎ目とか、1、2センチ程度の、普通のスピードで通り過ぎるレベルの段差)で、ウチのエリだと、ガツンとくるので、無意識に身構えるクセがついていたのですが、これが、タンッと軽いショックでクリアできてしまうのです。
普通、バネレートが上がると、コーナーなどでの安定感が増すのと引き換えに、乗り心地が硬くなって、悪くなると思っていたのですが、これは意外です。
田村さんも、「ボクもそう思ってたんだけど、アシ回りって、奥が深いねえ。面白いねえ。いつまでたっても勉強になるよ」とおっしゃってました。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 8:35 PM  Comments (0)

ガレージの話 2

というわけで、「100人乗っても大丈夫」のイナバガレージですが、クルマだけ入れておくわけにもいきません。
電動シャッターをつけたため、ガレージに電気はきています。
まず、照明をなんとかしないと。
これは、引越の関係で、それまで食卓の上にぶら下がっていた蛍光灯(ペンダントライト)が余ってたので、それをぶら下げました。
本当は、ガレージのど真ん中にぶら下げるものなんでしょうが、「もしかしたら、夜クルマから降りる時に、点ける必要があるかも?」と思って、クルマの右側面の真上あたりにぶら下げ、ちょうどスイッチになるヒモが、ドアを開けるとすぐ手に届く位置にくるようにしました。
現実には、クルマから降りる時に明かりを点けることはあまりないんですが、たまに役立ちます。
これはクルマがMR2からFDそしてエリへとかわる度に、位置を微妙に変えながら、今でも基本的に座っていてもドアを開くとスイッチを入れられる位置に下がっています。
他には、棚です。
これは、ホームセンターで、けっこうゴツイの(高さ2m、幅1m20cmくらい、奥行き50cmくらい)を2対買ってきて、クルマの後ろに並んでいて、これがメインのモノ置き場所になっています。
あとは、クルマの左側にガサガサと段ボールが並び、安っぽい食堂用のワゴン(台所からのおさがり)も、小物おきに重宝しています。
クルマの右後ろに、ウエスなどを干すように、ちょっとした物干しコーナーを作りました。
この、物干しは、我ながらグッドアイデアだと思ったのですが、ある日、実家の父親が野菜を持ってきてくれた時に、タマネギをいっぱいぶら下げて帰ってくれました。
人に知られないように泣きました。(父親へのうれし涙では、もちろんありません)

Filed under: エリーゼ — カーマくん 3:07 PM  Comments (0)

ガレージの話 1

ちょうど、頂いたコメントでも話題に出たので、エリーゼの保管について書いてみます。
ガレージです。
今から10年ほど前、今の家を手に入れました。
中古住宅でしたが、まあ、ちょっとした庭もあり、お値打ちでした。
で、リフォームして手に入れたわけですが、田舎で、思ったより安く手に入ったのもあり、その分、夫婦でそれぞれこだわりを持ち寄ってゼイタクしてみました。
その際、ヨメさんがこだわったのが、システムキッチン。
(システムキッチンって、エンジンもついてないクセに、なんであんなに高いんでしょうね! 小さいクルマなら1台買えちゃうじゃないですか!)
おっと、いらんところで熱くなってしまいました。
そして私がこだわったのが、ガレージでした。
スポーツカー乗りにとってやはりガレージは憧れで、ホントは3台くらい横並びになるビルトインガレージがいいのですが、中古住宅のリフォームではさすがに叶わず、それならばと、いわゆる倉庫型のガレージにしました。
これも2台横並び型が欲しかったのですが、庭のスペース的に無理で、1台分のガレージと、ヨメ号(当時マツダレビュー)はカーポートってことになりました。
あからさまな差別待遇ですが、特にヨメさんから文句も出ませんでした。
さて、ガレージの方は、2・3社検討した結果、「100人乗っても大丈夫」のイナバガレージにしました。(イナバ物置の会社では、研修の時に、実際100人乗るそうです)
ちょっと奮発して、電動のリモコンシャッターをつけましたが、これは正解でした。
何と言っても、雨の時に恩恵を感じます。
ガレージは、2台分を諦めての1台分なので、少し余裕のあるサイズにしました。
当時のワタシ号のMR2が1台入るだけだとガランとした印象でしたが、すぐにいろんなものが入り込み、狭っ苦しいガレージへと変貌していきます。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 8:42 PM  Comments (0)

パイパークロス

右側の空いたスペースに、リンクを張りました。
バナーでの貼り方がよくわからなかったので、文字になってます。
お恥ずかしい。
「ビーズ工房はなたま」は、知り合いのビーズ職人さんのHPです。
まあ、エリーゼに興味をお持ちで、このブログを見ていらっしゃる方には、ほとんど縁のない世界かと思いますが、ビーズに興味をお持ちのお知り合いがみえましたら、教えてあげてください。
「ヒルトップにようこそ」は、友人の鎌田凛さんの小説ブログです。
結構いろんなクルマが登場します。
小説好きなお知り合いがみえましたら、宣伝してあげてください。
さて、エリーゼの話に戻りますが、
もう少し間が開いていた気がするのですが、記録によると、マフラーを換えて、ちょうど半年くらいで、エアクリーナーも交換してるようです。
もともと、エアクリーナーは、個人的には、最も効果の出るパーツだと思っていまして、言うなれば切り札のようなものです。
で、ダイレクトタイプ(いわゆるキノコ型)のエアクリーナーで、目をつけたのが、「パイパークロス」という製品。
「ハイパー」じゃなくて「パイパー」なんですが、「パイパー」ってどんな意味なんだろう。
ま、そんなことはともかく、これは、愛知県の江南市の「TMレーシング」さんで購入しました。
47500円なり。ああ、結構安い。
交換作業は、この程度なら自分でできます。
一応、解説図通りに純正のエアクリーナーをボックスごと取り外して、ステーなどを上手に利用したりしながらパイパークロスを取り付けます。
しかし、毎度思いますが、エリーゼに限らず、純正のエアクリーナーボックスって、デカイですね。
熱対策とか、音対策とかいろいろメーカーなりの言い分はあるんでしょうが、純正のを外すだけで、相当な軽量化ができます。
さて、効果の程は・・・。
メモによると一言「めっちゃ効く!」と書いてあります。
いろんなクルマで、いろんなパーツを交換してきましたが、今回のパイパークロスは、史上最強の効き具合です。
音は多少うるさくなりますが、「シュコーッ」っていう吸気音って好きです。気持ちいい。
パワー、レスポンス、伸びなど、相当よくなりました。
数字的にはどのくらいアップしたのかわかりませんが、たとえて言うならエアコンを入れっぱなしだったクルマで、エアコンを切ったくらいの違いです。
昔、1万円で1馬力いけば上出来、と聞いたことがありますが、たぶん、かなり上出来な方でしょう。
これは相当、オススメです。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 8:33 PM  Comments (0)

マフラー交換

免許取って5年くらいは、世の中の流れ的なものもあって、マフラーを換えるのは、ちょっとイケナイ人というイメージがあり、手を出しませんでした。
チマチマといろんなところをいじくっていたのですが、マフラーはご法度、という感じでした。
でも、MR2の時に、とうとうマフラーを換え、それ以来、割と普通に換えるようになりました。
で、エリーゼでも、交換することにしました。
パワー的には、122馬力で特に不満はなかったし、別に爆音好きでもないのですが、やはり相変わらずのこもり音と、高回転でモッサリしたK型エンジンが、少しでも気持ち良くなれば、という感性重視の交換です。
で、いろいろ迷った揚げ句、ウィザムカーズさんのマフラーに決めました。
交換は、ロータス専門屋ではなく、「岡崎キャンバス」という、基本的に国産中心のいじり屋さんです。
かれこれ18年近くのつき合いになりますが、信頼のおける職人集団という感じのお店です。
ウィザムさんからキャンバスさんに送ってもらい、そのままそこで取り付けました。
丸一日預けておいてその間に取り付けてもらったのですが、後から聞いた話だと、初めて触るクルマだし、さすがにリフトで持ち上げるのがはばかられ、スロープで少しだけ持ち上げておいて、あとは、リフトは使わずに潜り込みでやってくださったようです。
気を遣っていただいちゃいました。
さて、さすがに、マフラーぐらいのモノになると、いくら鈍感な私でも、違いがはっきり分かります。
音は、完全に解消されたわけではありませんが、こもり音がだいぶ軽減され、気持ち良くなりました。
高回転も若干軽くなりましたが、V-TECになったわけでもないので、音の割に、回転がそれほど上がらないのは、変わってません。
低回転の音は、アイドル周辺ではほとんど大差なし。
うるさ過ぎなくて良い感じです。
ちょっと踏み込むとガルッというちょっと迫力のある音で立ち上がります。
相当スポーツカーらしい「いい音」にはなりましたが、ヨメさんの評判は今一つです。
また、相変わらず高速巡航は苦手です。
こもり音がかなり解消された代わりに、3000回転ともなると、絶対的な音量が大きくなり、結局、楽ではありません。
でも、この交換は正解でした。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 8:29 PM  Comments (0)

ブレーキ3

例の症状は、相変わらず原因不明でしたが、気休めにでもなれば、と思って、パッドに焼きを入れてみることにしました。
そういえば、最近って、ブレーキに焼きを入れるってするんでしょうか?
昔、誰かに教わった気がするのですが、果たして、これは正しいんでしょうか?
そう言えば、購入してすぐの時には、緊張と興奮で、焼きを入れてなかった気がします。
そもそも、途中で焼きを入れるのってどうなんだろう。
よく分かんないまま、とにかくやってみよう。
昔教わったのは、クルマや人の通りの少ない所でぬわわキロくらいからフルブレーキング、というのを何度か繰り返すって感じだったと思うのですが、うーん、あってるのかな。
そんなわけで、とにかく焼きを入れてみました。
で、症状は治まった気もするのですが、今一つ自信が持てません。
そのまましばらく乗っている間は無事といえば無事に過ごしました。
今度はパッドを交換してみました。
2年乗って、まだしばらくは持ちそうでしたが、不安を抱えたまま乗るのも嫌でしたし、もちろんパッドに原因があるかどうかも分かりませんが、当たれば幸い、というくらいに考えての交換です。
モノはTMRさんのパッドにしました。
その後、とりあえず症状が治まっているのですが、やはり、心の何処かでちょっと不安が引っかかっているのも否めませんでした。
とにかく、弱ウェットの時は、絶対に無理しないようには心がけました。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 8:37 PM  Comments (0)