記念写真

こうして長年、カーマ家の柱として活躍してくれた206ともお別れの時が近づいてきました。
2001年型ですから、娘が生まれるよりずっと前からウチにいるわけです。
思えば、娘が、まさに生まれて初めて乗った(運ばれた)クルマが、このプジョー206だったワケです。
カーマ家にとっても、初めての輸入車というコトで、このステップがなかったら、2002年の2月にエリーゼのSTDに踏み込むコトができたかどうか。
そんなプジョー206とも、いよいよお別れです。
せっかくですから、記念写真を撮りましょう。
というわけで、家族みんなで、206と写真を撮りました。
最初はヨメさんと娘、次はワタシと娘が写り、娘がワタシとヨメさんを撮ってくれたりもしました。

そして最後に、ミニ三脚を使って、家族みんなで記念写真。

お世話になりました。
楽しい輸入車生活をありがとうございました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 7:41 PM  Comments (2)

身ぐるみ剥がして

メガーヌ納車の前の日曜日、206に取り付けてあるパーツ類を外します。
買い取り屋さんから、CDチェンジャーだけは残しておいて欲しいとの要望があったので、これは残しますが、まあCDチェンジャーは、最近じゃ全然使っていなかったし、パーツの買い取り屋さんに持っていっても、大した金額にはならないでしょうから、まあいいでしょう。
レーダーやナビは、GPSアンテナのせいでちょっと配線が長くて面倒ですが、慎重に外します。
ETCもメガーヌに移植するために外しますが、こちらは電源を、シガーライターからでなく、どこかから取ってあるので、コードの行く先を確かめながら外してみると、MDデッキ裏の配線から引っぱってあったようです。
これは、ちょっと手間を食いましたが、まあなんとか外せました。
ただ、メガーヌではどう電源取ろうかな。
ちょっと勉強してみないとな。
その他、増設のシガー電源とか、ワイドミラー、iPodのFMトランスミッターなどを淡々と外していきます。
シフトノブも、久しぶりに純正に戻したら、スカスカでギア入れにくいことといったら。
やっぱり、シフトノブって大事だなあ。
しかし、今まで、少しでも良くしようと思って取り付けてきたパーツを外す作業も、それから、こうして身ぐるみ剥がされた206を見るのも、ちょっと寂しいものがあります。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:34 PM  Comments (2)

ドナドナ206

先日、「さよなら206」の追記でチラッと書きましたが、ほとんど値段のつかない状態だった206、一応、ワタシのお小遣い程度の金額で引き取られるコトになりました。
もちろん9年選手の大衆車で、車検も残っていない状態なので、値がつかないというのは仕方ないんですが、何となく気持ちの問題として寂しいものはあります。
金額の問題ではなく、やはりかわいがってきた子が「タダ」「タダ同然」と判定されるのはね。
ワタシの小遣い(スズメの涙)程度であれ、一応値がつく、というのとはやはり違います。
こう考えるとスポーツカーは強いなあ。
FDもエリSTDも、予想以上の金額で引き取られていきましたから。
さて、話をちょっと前・・・メガーヌ契約後に戻して、ルノー屋さんと帰り道に寄った買い取り屋さん(りんご系)で、ほぼ「タダ同然」の査定をされた206とワタシは、仕方ないと思いつつ、何となくあきらめきれなくて、多少なりとも値がつくトコロはないかと、ネットで検索開始です。
「プジョー206」「買い取り」「ラテン車」「MT 」「愛知県」・・・いろんな絞り込み方で検索をかけてみたら、名古屋のお店で何となくラテン系の、ちょっと変わったクルマを扱っている会社が出てきました。
ダメ元でメールを入れて、数回メールをやり取りした後、実際見に来てもらって、金額を出してもらいました。
なんか、誰に言わせても取り柄のなかった娘が、新しい担任の先生に長所を褒めてもらったような気分です。
金額は欲を言えばキリがありませんが、まあ、こうして引き取り手が決まったというわけです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 7:49 PM  Comments (0)

さよなら206

思えば、ワタシが結婚してからもMR2だのRX-7だの、エリーゼだのと、実用面から言えばダメダメなクルマに乗り続けてこられたのは、しっかりしたセカンドカーがあったればこそです。
初代セカンドカーのマツダレビューも9年活躍してくれましたし、二代目のプジョー206もやはり9年頑張ってくれました。
プジョー206は、始めての輸入車ということで、おっかなびっくりなこともありましたし、維持費は、国産のヴィッツとかマーチなんかに乗っているより、余分にかかったと思います。
20世紀生まれのヨーロッパの大衆車らしく、造りの雑なトコロもいっぱいあって、ずいぶん苦笑いさせてくれました。
パワステは2回イカレましたし、ウィンカー、メーターなど、弱点も多く、9年の間に、修理に出した回数も、それなりに多かったです。
でも、乗っている間は、この上ない満足感を得られました。
キビキビと軽快に走る性能や、いまだに古さを感じさせないキュートなスタイルは、後継の207より洗練されていると思います。
そんな206ですが、9年選手となると、次のクルマを買うのに、下取りもしてもらえません。
レビューの時は、廃車のための費用を取られましたが、今度は、廃車引き取り費用を0とするかわりに、下取りも0ということで話がつきました。
これは、買い取り屋さんに持って行っても、同じ状況でした。
手塩にかけて育ててきた206ですが、いざお別れの時に、一銭にもならないのは、ちょっと凹みます。
でも、206との思い出はプライスレスです。
ありがとうございました。
追記;その後、ワタシのひと月のお小遣い程度の金額で引き取り手が見つかり、そちらにドナドナされていくことに話がまとまりました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:58 PM  Comments (0)

結論 3(交渉)

クルマを買う買わないの「交渉」というと、普通はクルマ屋さんと、というコトでしょうが、ウチはまず、ヨメさんとの「交渉」です。
えっ!? これ、普通?
ま、それはそうと、メガーヌを実際に見せたトコロ、ヨメさんの手ごたえは思いのほか良好でした。
でも、来たるべき引越のために、1円でも節約したいヨメさんにとって、206が少々ツライ状況でも、直し直し乗り続けるほうが合理的です。
ワタシはワタシで、2年後、ほとんどお金のない状況で206の後継を考えるより、5年後くらいに少しお金の貯まった状況で次を考えたいという口実と、子供のためにももう少し大きいサイズにしたいという実質と、メガーヌに乗ってみたいという本音があります。
で、いろいろ話しあった結果、結局、乗り換えよう、という最終結論に到達しました。
交渉結果としては、漠然とあてもなく継続している「エヴォーラ積立(ジュリエッタ積立)」から、一部を回し、206の車検及び修理費にするはずだった金額と合わせて、購入費を捻出します。
そして、ウチにある、タンスの肥やしとかをオークションだのリサイクルだので捌いて、手に入れた金額は、そのままワタシのフトコロに入れて「エヴォーラ積立(ジュリエッタ積立)」に戻して良し。
さあ、そんなわけで、長らく我が家の柱として頑張ってくれたプジョー206とお別れすることになりました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 5:32 PM  Comments (3)

結論 2

今回、いっそ中古のメガーヌに代えて、年式を3年若返らせ、4~5年の間それで踏ん張って、その後、メガーヌ(三代目含む)とか、207SWとか、ジュリエッタとかを考えようとも思ったんですが、
・・・結局、206でがんばるコトにしました。
仮にあと3年くらい維持するとして、206を直し直し乗り続けるのと、今少し余分にお金を払って、年式を3年若くしたメガーヌに換えるのとでは、かかるお金自体はあんまり変わらない気がします。
そうすると、ヨメさんの206への愛着と、大きな買い物のために少しでも節約をしたい、という思いが最後にモノを言いました。
ワタシ自身は微妙です。
娘の成長を考えると、少し大きいメガーヌの方がイイかな、と思います。
あと、6万出してもエアコン直らなかったら、目も当てられないし。
でも、ワタシ自身も206への愛着もありますし、まあ、今書いてきたようなコトをよく話し合った上で、ヨメさんが206でって言うなら、206でもうしばらくがんばろうかな、という覚悟もできていました。
まあ、もう数年206でがんばるとして、その後は・・・今のところジュリエッタがイイかな。
でも、そんなお金、ないな。
しっかり貯金しておかなきゃ。
「エヴォーラ積立(仮称)」の名称を「ジュリエッタ積立」に変えようかな。
・・・というというトコロまで話が進んで、GW中に一応原稿が出来ていたんですが・・・
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 7:44 PM  Comments (0)

結論 1

あ、ガレージハウスから206のネタに戻ってます。
ワタシ自身、206って、大好きなクルマです。
造りはいい加減なトコロもありますし、乗り味もフランス車にしてはよくも悪くも国産車っぽいとか言われますが、何より、あのカワイらしいスタイルと、コンパクトさ、キビキビ走る操縦性なんかは得難いものだと思っています。
駐車してあるクルマに戻る時なんか、いつも、いいスタイルだなって思います。
ただ、子供が大きくなってくると、若干手狭だなと思う機会も増えてきました。旅行に行ったりすると、206の小さなトランクは、ちょっと工夫をしないと、親子3人の荷物を載せるには、ホントにギリギリのサイズです。
実家に帰ったりすると、大量にもらえるお土産(野菜とか)まで積み込もうとすると、相当工夫してもかなり無理矢理な感じです。
少し大きなサイズのクルマにしたいものの、車庫の関係で全長4250mmくらいまででないと、ちょっと面倒くさいな、なんてコトも思っていました。
そうなると、メガーヌなんかはちょうどウチのニーズにぴったりなんです。
206と比べると、安全性はメガーヌの方が高そうだな、とも思います。
あと、単純に、乗ってみたいという気持ちもあって、そんなトコロからすると、メガーヌへの切り換えを、相当本気で考えていました。
それから、近々、大きな買い物をする可能性があって、ウチの貯金がほとんどなくなる可能性があります。
これが実はネックで、次もしくは、次の次のクルマに影響が出てしまいます。
206だとあと2~3年で乗り換えでしょうか。
そうすると、後継車を買うお金もあまり貯まりません。
メガーヌでいったんつなげば、後継車を買うまでに4~5年ありますから、少しはお金も貯まりそうです。
そのあたりのことを考えると、今ここでメガーヌに行っておくのもひとつの手だと思います。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 7:46 PM  Comments (0)

買っちゃうか 2

次、メガーヌ。
これもタマ数は少ないものの、本国で2002年デビュー(03年に日本へ)ですから、お安いものもあります。
おお、マイナーチェンジ前の2004年式なら、50万円なんてモノがあります。
ウーン、車検と修理で25万かかるトコロから考えると、実質25万かぁ。
諸費用込みで40万ってトコ。
なんか話がリアルになってくるなぁ。
206の下取りは期待できないにしても、40万なら、「エヴォーラ積立」からでもなんとか捻出できなくはない数字です。
初期型メガーヌの1.6。
ベーシックなモデルでタイヤも上級グレードに比べるとショボいんですが、195/65R15ですから上級グレードの205/55R16とか205/50R17なんかよりはよっぽどまっとうなサイズですね。
フランス車は、細いタイヤの方が似合うイメージがあるんで、この方が好みに合ってます。
メガーヌは、安全対策がしっかりしていて、初期型のベーシックグレードでもESPがついてますし、これが実質25万なら、買えちゃう? 換えちゃう?
なんて、一人で盛り上がっていて、ヨメさんに話をしたら、
「メガーヌって、後ろがストンとなってるヤツ? あんまり好きじゃない
一刀両断されてしまいました。
でもね、でもね、実際、どうする? 修理費+車検代。
どうする? どうすんの? オレ?
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 5:37 PM  Comments (0)

買っちゃうか 1

今回の206の車検、9年ということもあり、そろそろ交換を、と勧められている部品もありますし、想定外の修理も入る可能性があります。
なんだかんだで20万くらいを覚悟はしていましたが、これで25万かぁ。
25万もあれば、中古車、買えちゃうなぁ。
・・・あ
実際、その手もあるかも。
と思って、調べてみました。
今、206の後継としていちばん気になっているのが、207SWとルノーメガーヌ。
メガーヌは、もうすぐフルチェンジですが、まあ、中古なら関係ありません。
てなわけで、ちょっと調べてみましょう。
まずは、プジョー207SWから。
・・・高!
なんでしょう? 圧倒的にタマ数が少なくて、年式も新しいものしかない(確かデビューは2008年でしたっけ?)上、207シリーズは値付けが高かったので、仕方ないんでしょうが、一番安くて168万とか、おおよそ200万前後です。
あーあ、これじゃお話になりません。
今は207シリーズも廉価版なんかも出てますが、それでもお安い価格になってくるのには、まだしばらくかかりそうです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:31 PM  Comments (0)

故障!?

ルノー屋さんに連絡を取って、翌日、ヨメさんが買い物のついでにルノー屋さんに回って、ガスを補充してもらう段取りにしました。
その日の帰りしな、メールを見てみたら、ヨメさんからのメールが入っていました。
「ガス、入らなかった。どっか壊れてるみたい。」
げっ!
思わず、「げ」と返信だけして、その後、ルノー屋さんに電話で様子を聞きました。
すると、何だかよく分かりませんが、「リキッドタンク」なるものが壊れているらしい、とのこと。
「リキッドタンク」? あまり聞き覚えのない装置です。
なんでも、エアコンを入れた時に、ここが熱く(温かく?)なってこないといけないらしい場所らしいのですが、ここが冷たいとのこと。
うーん、冷やすエアコンで、熱くならなきゃいけない場所があるというのが、すでに文系のワタシの理解を超えてきていますが、まあ、どっかを冷やすからには、どっかが熱くならなきゃいけないってコトなんでしょうかね。
とにかく、ここが冷たくなっていないということは、たぶんここが詰まっていて、冷気が流れ込まないということのようです。
恐る恐る修理費を聞いてみると、リキッドタンク本体と交換工賃で6万弱くらい。
しかも、絶対にリキッドタンクの故障であるとは言い切れないみたいで、6万使って治る確率は7~8割だそうです。
うーん、痛いなあ(涙)。
それでなくても、今回の車検、前回の点検から先延ばしにしていた修理箇所もあって、お金がかかりそうなのに・・・。
どうする? どうすんの? オレ?
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:39 PM  Comments (2)